中古マンションの今後と関連する事柄について

住宅が立ち並んでいる様子

投資用の物件

中古マンションの今後の動向とは

中古マンションが注目を集めています。特に投資用として利回りの高い物件ともなれば、業者も買い取りを行うために探しています。これまでサラリーマンにとってマンション経営は非常に魅力ある投資として人気を集めていましたが、近年の土地価格の上昇に伴って新築マンションも値上がりの兆しを見せています。 物件価格が上がれば、その分家賃収入の利回りが下がることになります。そこでまだ安価な中古マンションに投資先を求めるようになったというわけです。もちろん、賃貸需要の多い場所という条件がつきますが、短期での転売でも利益が出るような場所を求める動きが見られるようになっています。この傾向はこれからも続くと見られているわけです。

注意すべき点としては

中古マンションの購入において注意すべき点としては、まず新築とは異なり頭金をある程度必要とする点が挙げられます。担保価値にもよるのですが、よほど安い価格でない限りはある程度の頭金を用意しておくことが必要です。その他にも登記費用などの諸費用も必要となることも頭金に入れておくことが必要です。 また、管理状況をしっかりと確認しておくことも大切です。中古マンションの資産価値は、管理状態によっても大きく左右されます。修繕計画はきちんと立てられているのか、予算はきちんと残してあるのかなどもチェックが必要です。購入した途端に毎月の修繕費が値上がりするケースも稀にあります。また、室内の内見の時にも不具合が無いかどうかをしっかりと確認しておくことが必要となります。